Salbourg
破産者と融資について考えよう

序章

破産者とは、裁判所から破産宣告を受けた者のことを言います。金融機関などから融資を受けた者は債務者となります。

債務とは返済しなくてはならない義務や責任を指す言葉で、金融機関などで返済しなくてはならない融資を受けている者は債務者となるのです。

債務者の反対は債権者です。債権者は、債務者に対して定められた行為を要求することができます。この場合は、債務者に対して借金の返済を要求できます。

ただし、キャッシング融資の利用のしすぎなどで、債務者が債権者の要求する額を返済しきれないという事態が生じることがあります。

このような場合は、債務者か債権者が裁判所に破産の申し立てを行うことができます。裁判所から破産宣告を受けることで、所持財産以上の返済を放棄できます。

自己破産という言葉がありますが、これは融資の債権者と債務者のうち、債務者自らが裁判所に申し立てを行って認められる時のことです。

破産者になると債務を免除されますが、全ての財産を失うことになります。その他、破産者になると職業や資格の制限を受けるなど、法的な制約が生じます。

ネットや自動契約機など手軽に融資を受けられる次代になり、利用の機会も増えています。最近では意識せずに金融会社からの融資を受けていることもあります。

カード払いや分割払いは融資を利用している状態です。そのため、今どれだけのクレジットカードを利用しているのか、消費者金融をどれほど利用しているか、きちんと把握して返済能力を越えた融資を受けないように気をつけてください。

推奨サイト


※外部サイトになります。

[借入分野] *金融庁  *メカローン  *国税庁  *カードローン情報WEB 

[投資分野] *FX会社について  *Infoseek マネー  *@CFD.jp  *ヤフー ファイナンス